はなす言葉とかく言葉

昔から会話をするのが苦手だった。

 

まず人に興味がない。

人のもつ物語や話には興味があるけれど、あの人はどうだとかあういうところが嫌いだとか不潔だとか、そういう話は好きじゃない。自分に自信がなく、他人の悪い点を指摘すると自分のことも否定してしまう事になるし、なぜそこまで自信を持って他人を貶すことができるのかよく分からなかった。

いまは彼らや彼女たちはそれらの気持ちを「軽い」気持ちで「共有」し、コミュニケーションの一部として、仲を深めているらしいことが理解できるようになった。他人をだしにして自分たちの仲を高める…小さい頃から嫌いだった排他的なスクールカーストのようだと思う。

そんな人たちはたわいもない会話を永遠と続ける。何が楽しいのか分からないけれど、どうでもいい他人の情報を共有し合って何かを知った気になって笑っている。彼女たちにとってはその情報こそがこのコミュニティを生きていくために必要不可欠な情報であるらしい。どうでもよく聞こえる情報は重要な情報であるらしかった。

私にはそれが本当に今でも理解出来ない。だからこそ他人を許容できず、自分の中で不満を募らせ、大きな制御できない感情になってしまうまで育ててしまうのだろうか。軽口として話してしまえればその場で消化していける感情たちを中に閉じ込めてしまうから。どこのコミュニティにいる時も自分の不穏さを感じていながら知らないふりをして自分を保ち、駄目そうになるころに次のコミュニティに行き、過去は修正された美しい(美しかったような気がする)思い出となる。

 

今日もうまく話すことが出来なくて失敗した。自分のなかだけにとじこめておければよいものを、感情がすぐに顔に出てしまう性質で、何も言わなくても怒っていることだけは伝わってしまう。普段から話すことをしないのでどのように話せばいいのか分からない。どこまで話していいのか分からない。小さい頃に失敗をして済ませておくべきようなことを、大人になり社会に放り出されてしまった今もできない。恥ずかしい限りだ。

 

しかし言葉を書くのは好きだ。考える時間があるし、読み返して落ち着いて言葉を直すことも出来る。誤解を与える表現はないか、文は長くないか、人を傷つけてしまうことはないか。何よりも自分の速さで思考することができる。

会話はそうはいかない。発言しないと相手を待たせてしまうし、楽しい会話にはテンポが必要であるらしい。私が同意している間に他の人は会話に会話を重ねて話しを進めている。考える時間が足りないので言葉はいつも自分の感情のこもっていない上滑りしたものになってしまう。頭は真っ白で浮かんだことをてきとうに話してしまうので、自分の思いとは違うことも言ってしまい、後悔したり誤解を与えたり、思っていたことと違う意見や考えを持った人として見られてしまう。そして一度放った言葉を取り消すことはできない。

人はその人が話したことがすべてだ。有名な賞を獲っていたって、素敵な猫を飼っていたって、最近可愛いコスメを買って嬉しくたって、言わなければ他人には何も起こっていないのと同じだ。全てを知らせる必要はなくても、話す情報を選択してイメージしてほしい自分を形作ることはできる。私はそれが出来る人が羨ましくて妬ましい。私が今日も会話で上手くいかなかったと後悔している間に、その人は今日も確実に自分に有利なイメージをつくり、「仲間」との日々を日々を過ごしやすくしている。

 

言葉を書こうとするときはこんなにするすると出てくるのに、話そうとするとすべてがゼロになってしまうのはなぜだろう。人に興味を持とうと思って心理学を学び、日本語の表現を知らないから喋れないのかと日本文学を学んでたくさんの表現と語彙を見てきた。けれどまだ足りない。喋れば喋るほど考えれば考えるほど自分の言葉から離れて行ってしまう。

 

いつか以後一切喋らなくても良いようになりたい。

自分の心に限りなく近い、ほとんど完璧な言葉を  一言、放って。

iPadを手に入れた

夏のボーナスでiPadを手に入れた。

 

購入する前にはでかいiPhoneでないだろうかと迷い込んでいたが、結論から言うと買ってよかった。

 

画面が大きいだけでこんなに快適なのだと思った。

画像も映像も文字もなんと読みやすいことか!

情報に大きな画面で触れられることが嬉しい。

 

特に嬉しいのは映画が見られること。購入を機にAmazonのプライム会員になったが、DVDを借りにいかなくても映画をすぐに見られる嬉しさ!しかも見られる映画がかなり多い!

映画をみることは好きだけれど、映画館に行ったりDVDを借りに行ったりするのが面倒に思うときや、そこまでじゃないけど気になっていた作品を、気軽に見れるようになったのはかなり嬉しい。

まだ2本しか見られていないけれど、これから楽しみだ。

 

読書にもとてもよい。

漫画は見開きで見られるし、電子書籍も本と同じくらいの文字の大きさで読めて、快適だ。

 

難点を挙げるとすれば、ちょっと重たい。

寝っ転がって観るとき顔に落としそうで怖い。

あとはwifiタイプにしたのでwifiの接続に左右されるのが不便なときがある。

 

そんなiPadのお気に入りの点は、刻印を入れたこと。

悩んだけれどiPadには英語の表現が合う気がして、このゲーテの言葉を入れた。

ゲーテはドイツの人だけど)

f:id:nanosma:20170729151502j:image

iPadは情報社会の便利なキカイだけども、それで何を見るかを選ぶのは自分で、何に感動しどの情報を信じ自分に取り込んでいくか決めるのも自分だ。私は自分が嫌うものや遠ざけたいものよりも、好きで愛するものこそが自分を形作ると信じたい。

 

iPadにはカバーをつけたのでほぼ見えないこの言葉だけど、このiPadと仲良くしていきたい。

サイン

初めてサイン本というものを手に入れた。

朝井リョウさんのサイン。

書店で普通に購入できてビックリしている。

f:id:nanosma:20170426185512j:image

 

憧れの作家さんはたくさんいるけれど、

サイン会に並んだりするのはちょっと気がひける。

上には上がいて「好き」の基準に自信がないし、憧れの人ほど直接会うのがちょっと怖い。

 その人の視界に入るのが畏れ多いし、

数秒でも評価されたり感情を持たれたりするのが怖い。そこでなにかヘマをしてしまいその人に嫌われてしまうのが怖い。

憧れの人だから尚更。

自意識過剰だけれども。

 

でもやっぱりミーハーな気持ちもあって。

(だって好きだから)

 書店で気軽に買えてしまうのはとても嬉しいなぁと。

 

 

以前、大好きな満島ひかりさんがカルテットで着ていた古着を提供した高円寺のお店にどうしても行きたくなり、行ってきた。

記念になにか一点でも買いたくて選び(もちろんどれもほんとに可愛くて)、レジに並んでいるときに店員さんに声をかけてみた。

 

普段そんなことは全くしない性質で、買い物が無言でできるに越したことはないと思うのだけれど、お店に行くことをとても楽しみにしていたのでどうしても話してみたくなった。

小学生のとき言ってみたい意見があって、でもそれが正しいか分からなくて、手を上げて発表するとき異常に緊張したみたいにドキドキしていた。

大した話はできなかったけど、なんだか無駄な達成感があった。

 

そんなことをそのとき買った服を見ると思い出す。

f:id:nanosma:20170426190152j:image

 

 

どこかに好きな場所に行き、好きな人に会うというのは価値があるのだろうな。

そこに自分だけの思い出が足されていくのがよいのだろうなと思った次第。

茗荷谷で中華

久しぶりに降り立った茗荷谷

看板が新しくなっていたりお店が変わっていたりしてたった2年でこんなに街がかわるんだなと驚いた。

 

激辛麻婆豆腐を食べに播磨坂を下りる。桜にはまだはやくて少し残念。

 

麻婆豆腐は四川風でとても辛い。

でてきた時にはグツグツと音を立てていて食べている間熱さが続く。

f:id:nanosma:20170327224237j:image

ザーサイもスープも美味しい。

 

食後は辛さを和らげるために杏仁豆腐を。

サイドメニューも充実していてお手軽だし、お店も落ち着いていてよかった。

ラメールプラールのオムレツ

モンサンミッシェルのオムレツが忘れられなくて有楽町にお店があると聞き行く。

記憶にあるよりもかなり大きくてボリュームがあった。ジェノベーゼの塩気がよくてふわふわでぺろりと食べれた。

泡だてているところも見せてもらえた。

f:id:nanosma:20170327223433j:image

 

その後のお肉。こちらもボリュームたっぷり。

しかしきれいな一皿…。見てるだけで幸せ。

f:id:nanosma:20170327223657j:image

 

お店はこちら

https://r.gnavi.co.jp/gayv400/