iPadを手に入れた

夏のボーナスでiPadを手に入れた。

 

購入する前にはでかいiPhoneでないだろうかと迷い込んでいたが、結論から言うと買ってよかった。

 

画面が大きいだけでこんなに快適なのだと思った。

画像も映像も文字もなんと読みやすいことか!

情報に大きな画面で触れられることが嬉しい。

 

特に嬉しいのは映画が見られること。購入を機にAmazonのプライム会員になったが、DVDを借りにいかなくても映画をすぐに見られる嬉しさ!しかも見られる映画がかなり多い!

映画をみることは好きだけれど、映画館に行ったりDVDを借りに行ったりするのが面倒に思うときや、そこまでじゃないけど気になっていた作品を、気軽に見れるようになったのはかなり嬉しい。

まだ2本しか見られていないけれど、これから楽しみだ。

 

読書にもとてもよい。

漫画は見開きで見られるし、電子書籍も本と同じくらいの文字の大きさで読めて、快適だ。

 

難点を挙げるとすれば、ちょっと重たい。

寝っ転がって観るとき顔に落としそうで怖い。

あとはwifiタイプにしたのでwifiの接続に左右されるのが不便なときがある。

 

そんなiPadのお気に入りの点は、刻印を入れたこと。

悩んだけれどiPadには英語の表現が合う気がして、このゲーテの言葉を入れた。

ゲーテはドイツの人だけど)

f:id:nanosma:20170729151502j:image

iPadは情報社会の便利なキカイだけども、それで何を見るかを選ぶのは自分で、何に感動しどの情報を信じ自分に取り込んでいくか決めるのも自分だ。私は自分が嫌うものや遠ざけたいものよりも、好きで愛するものこそが自分を形作ると信じたい。

 

iPadにはカバーをつけたのでほぼ見えないこの言葉だけど、このiPadと仲良くしていきたい。